読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CQ育成&スタンプ制作話(仮)

渋谷にあるIT企業"Cyber Quest"の中の人が送る、育成アプリ開発やスタンプ制作の裏話だったりなかったり

【LINEスタンプ】ゲコ原くんができるまで(企画編)プロローグ

ご無沙汰しております。
どうも、CQスタンプ部です。

サボってたわけじゃないんですよ。ええ。
一生懸命働いてたんです。本当だってば。

少し離れている間に、クリエイターズスタンプもどんどんと新着が増え、ついに4500セットに迫ろうとしている勢いですね。
ゲコ原くんpart2』ですが、ようやく7/9に1回目のアップデートが来ました!!

f:id:cqblog:20140711145712p:plain
現在の進捗はこんな感じです。
6/11 申請(審査待ち)
6/30 審査中
7/9 1回目アップデート

アプデまで1ヶ月。もし5回アプデコースだと、あと1ヶ月は出ない感じですかね、これ。随時進捗はご報告したいと思います。

さて、LINEスタンプでも配信しております『ゾビンソンクルイソー』と『グソくん』ですが、ゲームアプリの配信が開始いたしました!!!こちらは無料なので、ぜひ遊んでみてください。

f:id:cqblog:20140711145734p:plain   f:id:cqblog:20140711145751p:plain

f:id:cqblog:20140711150705p:plain   f:id:cqblog:20140711150705p:plain

f:id:cqblog:20140711150715p:plain   f:id:cqblog:20140711150715p:plain

 

で、ゲームアプリとして現在、上記2本と『くまたろクライシス』をリリースしていますが、実は企画の順番は逆でした。つまり、この3つに関してはゲーム用に既にキャラがあったんですね。なので、LINEスタンプ用として企画したキャラクタは『ゲコ原くん』と『うぴこ』の2つなんです。

LINEスタンプ用のキャラと既存キャラの大きな違いとして、元々設定されている性格や世界観にこだわらずに制作ができるということがあります。LINEスタンプでは「伝えやすい」ことに重点がおかれることに対して、寡黙だったり無表情のキャラをどこまで崩していいのか、というのは、クリエイター側としてはとても難しいところです。既存キャラが、自由に動けるような(ストーリーや世界観に縛られにくい)キャラだと、あまり問題がないかもしれないですが…。

今回の『ゲコ原くん』に関しては、既存のキャラではなかったという部分で、世界観を自由に設定して描けたことが、プラスに作用したのかな、と思っております。

次回は、ゲコ原くんの誕生秘話(全然秘密じゃないけど)をお送りいたします!!