読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CQ育成&スタンプ制作話(仮)

渋谷にあるIT企業"Cyber Quest"の中の人が送る、育成アプリ開発やスタンプ制作の裏話だったりなかったり

【LINEスタンプ】上位層の売上がどんどん跳ね上がってますね

傘持ってきてない。
どうも、CQスタンプ部です。

昨日放映された「おいしい!バナナのお投資」という番組で、クリエイターズスタンプが儲かる“おいしい”ネタとして取り上げられました。
詳細はアプリ学園さんが記事にされているので、こちらを参照頂ければと思います。

LINEクリエイターズスタンプの売上が凄い!「関西弁にゃんこスタンプ」が初月で1600万円!売れてる理由は?|アプリ学園

 

内容が重複してしまいますが、販売初期にトップに君臨され続けていた森もり子さんの「もっと私にかまってよ!」は2ヶ月で500万を売り上げ、現在も3位にランクインされている、きゃらきゃらマキアート Makiさんの「関西弁にゃんこスタンプ」に至っては販売開始1ヶ月で1600万円を売り上げたとのこと。
これが売り上げなのか、分配金なのかがちょっと分からないのですが、恐らく分配金ではなくエンドユーザ向けの売上かと思います。(「上向き子」と「ゲコ原くん」の順位・売上から推測)

LINEさんが言っていた「スタンプの売り上げで家が建つ」が真実味を帯びてくる数字ですね…。凄いの一言です。

で、5/8販売開始だった「もっと私に~」と、6/20販売開始の「関西弁~」ですが、販売開始1ヶ月はずっとTOP10にいます。

ここからはもう本当に勝手すぎるほど勝手な推測で、何の根拠もないのですが。

恐らく「もっと私に~」は販売1ヶ月はずっとTOP10にいらしたはずなので、500万のうち2/3程度を売り上げたとして350万円前後。それに対して「関西弁~」は1600万円。ということは、同じTOPにいても、時期によって4倍以上の差が出ているということです。

これは、クリエイターズスタンプがエンドユーザに認知され始めたこと、販売国の拡大等が理由ではないかと思います。(とは言っても、LINEユーザの20%以下しか認知されていないというデータもありますが…)

逆に、初期はスタンプが500程度しかありませんでしたが、今は8000を超えていて、上位にいくのは至難の業です。もう正直「宝くじ感覚」ぐらいの勢いです。いや実力があれば上がれるので、宝くじとは違いますが。

ゲコ原くん2にしても、このタイミングでリリースされたとして、一体どの程度までいくのか、そしてその時に売上がpart1とどれほど違うのか、検証してみたいと思ってます。思ってるので、早く承認ください。お願いします。